BlogFrom Staff

赤いチームスタッフが送る熱血ブログ

#11 ペットボトル症候群

宮古島はいよいよ夏本番に突入しました。
スポーツの大会も少しづつですが、コロナ規制も緩和されつつあるかと思います。

暑い中の水分摂取、皆さんはどういう形で行っていますか?

糖質が大事という認識によってスポーツドリンクやジュースなどをがぶがぶ飲んでいる人は要注意です。しっかり勉強して、健康自主管理能力を高めていきましょう。

 

タイトルの「ペットボトル症候群」ですが、初めて耳にする方も多いのではないでしょうか?

 

ペットボトル症候群を簡単にご説明すると、最悪の場合「急性の糖尿病による代謝性ケトーシス」という症状を引き起こしてしまいます。

 

発生機序としては、まず炭水化物やお菓子、清涼飲料水などのスポーツ飲料、100%濃縮野菜果物ジュースなどの糖質過剰摂取により血糖値の急上昇が起こります。

すると持続する高血糖状態により口喝(こうかつ)が起こり、それを水分不足と認識し解消するためさらに清涼飲料水などを飲み続けるという多飲(たいん)、多尿(トイレが多くなる)状態に陥るという悪循環を起こします。

 

持続する高血糖により疲弊したすい臓は急性のインスリン分泌不全を起こし、高血糖による更なる口喝を誘発し、その結果、倦怠感腹痛嘔吐意識もうろうなどのペットボトル症候群の症状を引き起こしてしまうのです。

 

エネルギーやミネラルを補給するつもりで飲んでいるかもしれませんが、清涼飲料水で大きなエネルギーやミネラルの回復は望めません。

 

普段からタンパク質を推奨量摂取出来ていて、好気性代謝(酸素や鉄を使ったエネルギーシステム)からエネルギーを引き出す体質になっていればある程度の摂取は問題ありませんが、食生活が糖質中心で、ご飯やパン、麺類などでお腹を満たす食事をしている人は要注意です。

 

タンパク質や鉄分を第一に考え、必要な糖質は食事で摂取し、給水は水かお茶、ミネラル補給は精製塩ではなく、マグネシウムを豊富に含有した自然製法で抽出した、「雪塩」か「ぬちまーす」で摂取するようにしましょう。

 

********************************************************************************************

分子栄養学講座でもお話ししましたが、糖質(炭水化物)は消化吸収されるとブドウ糖(グルコース)になります。グルコースは糖類の分類では、これ以上分解できない分子なので「単糖類」に属します。単糖、つまり1つの分子という事です。タンパク質の最小分子はアミノ酸ですね。

単糖類は他にも、フルクトース(果糖)、ガラクトース(乳糖)などがあります。分子構造的には六角形の形をしています。

単糖類の中でも、果糖(フルクトース)は肝臓への取り込みがとても速い糖質です。

 

中でも甘みが強い砂糖は、ブドウ糖1分子と果糖1分子が結合したもので二糖類に分類されます。そして一番避けたいのが、「果糖ブドウ糖液糖」や「ブドウ糖果糖液糖」といった異性化糖と呼ばれる糖質です。ブドウ糖を人工的に加工して作った糖で、安価に作られ流通しているので、お菓子やジュース、清涼飲料水、調味料、加工食品など色んな食品に使われています。

なかでも、清涼飲料水などのジュース類には500mlのペットボトルに異性化糖が30-60gも大量に含まれています。角砂糖が約4gなので、ものすごい量になります。

 

糖質は嫌気性解糖(酸素を使わずエネルギーを取り出すシステム)で代謝され、乳酸やアセチルCOAという物質に変換され、余った分は脂肪として脂肪細胞に蓄積されていきます。

 

脂肪が蓄積する順番としては、肝臓脂肪⇒内臓脂肪⇒皮下脂肪の順で蓄積していきます。逆に脂肪が落ちていく順番も同じ順序になります。

 

そしてもう一つ、大事なのが糖質が与える血糖値への影響です。糖質を摂取すると血糖値が急上昇します。するとそれに反応して、すい臓のβ細胞から「インスリン」が分泌されます。

 

インスリンは、血糖の細胞への取り込みを促すことによって血糖値を下げてくれるホルモンです。血糖値を下げてくれるホルモンが無ければ、我々の体は高血糖状態のままです。その病気が糖尿病です。

 

糖尿病は、インスリン自体の分泌が弱いかもしくは分泌不全であるI型糖尿病と、インスリン抵抗性(インスリンは分泌されているが効かない)のII型糖尿病に分類されます。どちらも血糖値を自ら下げる事が出来ないので、医療機関では血糖値を下げるためにインスリン注射や薬剤と運動療法が処方されます。

 

しかし食事指導は、バランスの良い食事と言われる炭水化物50%〜60%の指導をされます。

 

血糖値を下げてくれるホルモンはインスリンのみです。分泌器官である膵臓は大事にしていきたいですね。

 

逆に血糖値を上げるホルモンは、アドレナリンやコルチゾール、グルカゴン、甲状腺ホルモンなど色んな種類があります。体は低血糖状態になると死に至るため、そうならないように色んな経路で血糖値が下がり過ぎないようなシステムを備えています。

しかし一気に血糖値の上昇が起こることで大量のインスリンが分泌され、血糖値の急降下が起こります。

 

すると急激に急降下した血糖値を上げるため、次は血糖値を上げるホルモンが大量に分泌され、血糖値が正常範囲を超えて戻ろうとします。

 

血糖値の急降下と急上昇。これを日常的に繰り返すことによって、そのステージで様々な症状が出てきます。そして何年もこの血糖値の急激な変動を続ける事によって、メンタルや免疫系への影響、糖尿病やその他様々な生活習慣病のリスクを飛躍的に上げる事になるのです。

 

現代の精製された糖質の多い食事に偏った食生活は、結果的にタンパク質や鉄分の摂取量の低下につながります。

 

好気性代謝やタンパク質の合成に必要なビタミンやミネラルといった補酵素群も、糖質の嫌気性代謝によって大量に浪費されてしまうため、エネルギー低下を引き起こしてしまうのです。

 

常にタンパク質や脂肪酸を推奨量摂取することを心掛け、糖質は適度に控える。そしてエネルギー代謝を好気性代謝でスムーズに取り出すため、鉄分をはじめビタミンB群やビタミンCなどのビタミン、ミネラルを十分に補給するようにしましょう。

 

自分はごまかせても細胞はごまかせません。

チームトレーナー與那城

 

関連記事

YouTubeチャンネル開設

練習着やユニフォームの注文はコチラ

Este sitio es adaptable a una variedad de.

SpanishJapaneseItalianGermanFrenchPortugueseEnglishRussianCroatianLatinThaiTurkish

最近の試合結果と予定

SYM・大和工業カップ OFA沖縄県U-15サッカー選手権大会

JFA 全日本U-12サッカー選手権 沖縄県大会

JFA 全日本U-12サッカー選手権 沖縄県大会

SYM・大和工業カップ OFA沖縄県U-15サッカー選手権大会

JFA 全日本U-12サッカー選手権 沖縄県大会

クラブユース選手権

クラブユース選手権

クラブユース選手権

JFA 全日本U-12サッカー選手権 沖縄県大会

クラブユース選手権

高円宮リーグ U-15

全日リーグ U-12

全日リーグ U-12

高円宮リーグ U-15

高円宮リーグ U-15

全日リーグ U-12

全日リーグ U-12

高円宮リーグ U-15

児童オリンピック

児童オリンピック

CLUB CALENDAR

2020 12月

1
2
  • U-8 JTAドーム 17:00
  • U-10 JTAドーム 18:00
  • U-12JTAドーム 18:00
  • U-15 JTAドーム 19:30
3
  • U-10 前福グラウンド 17:30
  • U-15 前福グラウンド 17:30
  • U-12 前福グラウンド 17:30
4
  • U-8 JTAドーム 17:00
  • U-12 JTAドーム 18:00
  • U-10 JTAドーム 18:00
  • U-15 JTAドーム 19:30
5
  • U-12 おきぎんJカップ
6
  • U-12 おきぎんJカップ
7
  • U-8 前福屋内運動場 17:00
  • U-10 前福屋内練習場 17:30
  • U-15 前福屋内運動場 17:30
  • U-12 前福屋内運動場 17:30
  • U-15 JTAドーム 19:30
8
9
  • U-8 JTAドーム 17:00
  • U-10 JTAドーム 18:00
  • U-12 JTAドーム 18:00
  • U-15 JTAドーム 19:00
10
  • U-15 前福グラウンド 17:30
  • U-12 前福グラウンド 17:30
  • U-10 前福グラウンド 17:30
11
  • U-8 JTAドーム 17:00
  • U-10 JTAドーム 18:00
  • U-12 JTAドーム 18:00
  • U-15 JTAドーム 19:30
12
  • U-11 JA共済カップ県大会
13
  • U-11 JA共済カップ県大会
14
  • U-8 JTAドーム 17:00
  • U-10 JTAドーム 18:00
  • U-12 JTAドーム 18:00
  • U-15 JTAドーム 19:30
  • U-15 JTAドーム 19:30
15
16
  • U-8 JTAドーム 17:00
  • U-10 JTAドーム 18:00
  • U-12 JTAドーム 18:00
  • U-15 JTAドーム 19:00
17
  • U-10 前福グラウンド 17:30
  • U-15 前福グラウンド 17:30
  • U-12 前福グラウンド 17:30
18
  • U-8 JTAドーム 17:00
  • U-12 JTAドーム 18:00
  • U-10 JTAドーム 18:00
  • U-15 JTAドーム 19:30
19
20
21
  • U-8 JTAドーム 17:00
  • U-10 JTAドーム 18:00
  • U-12 JTAドーム 18:00
  • U-15 JTAドーム 19:30
22
23
  • U-8 JTAドーム 17:00
  • U-12 JTAドーム 18:00
  • U-10 JTAドーム 18:00
  • U-15 JTAドーム 19:00
24
  • U-10 前福グラウンド 17:30
  • U-15 前福グラウンド 17:30
  • U-12 前福グラウンド 17:30
25
  • U-8 JTAドーム 17:00
  • U-10 JTAドーム 18:00
  • U-12 JTAドーム 18:00
  • U-15 JTAドーム 19:30
26
27
28
  • 年末年始休み
29
30
  • 年末年始休み
31
  • 年末年始休み

試合を観る前に、是非一読♪

Links